借金を踏み倒して時効になれば返さなくてもいいってホント?

借金に時効があるって聞いたんですがホントですか?返済に応じず、踏み倒して時効が成立するまで待っていたら、もう返さなくてもよくなるんですよね。

実際にやった人はいるんでしょうか?別に私がやりたいって訳じゃないんですが、単純に興味があるので詳しく教えてください。

借金の時効は一部を除いて現実的なものではありません

借金には確かに時効があるよ。でも、これを踏み倒し目的で利用しようと思うのは大間違いやで。業者から借金した時の時効は5年。たったの5年と思うかもしれんけど、実はこの5年は一筋縄ではいかん5年やねん。

というのも、この5年の間に業者の方が手続きをとることによって、何度でも時効を振り出しに戻す事ができるんよ。例えば和解や調停の申し立てをすれば、そこで時効は中断してまた最初の状態にリセットされてしまう。

つまりストレートに5年で時効消滅することはまずないってことやね。しかも、その間電話などの督促は継続しているので、借りた側はこれをずっと無視しとく必要があるねん。この督促に対して少しでも返済に応じたりすると、これもまた時効のリセットになってしまうんよ。

でも、借金の時効が利用者の救済になるようなケースもあるねんよ。例えばずっと以前の借金を、督促のないまま放置していたら十年以上経ってから突然請求が来てしまったような場合。そもそも督促がないくらいやから大した元本ではないはずやけど、昔のことだけに利息もかなりの額に上っているはずよね。こんな悪意のある請求に対しては、時効を盾に返済を拒むことができるねん。

もしも借金が何十年後でも生き残るものやったとしたら、こんな風に大昔の小額の借入に対しても、何十年も経ってから膨大な利息を請求することができてしまうことになる。借金の時効がないと大変なことになるってことがよく分かるよね。

一方で借りたお金を返さず、踏み倒し目的で時効を利用するのは間違った利用の仕方になるし、現実的でもないんよ。家族や仕事や生活を犠牲にしてまで、たかだか数百万円のお金を棒引きにしてもらう意味はあるやろうか?それやったら普通に仕事した方がずっとええよね。

借金の踏み倒しをすることはできるのかどうか

お金を借りるときには、もちろんですが返済できる前提で借りるでしょう。しかし、どうしても返済ができなくなってしまうこともあります。(※返済しやすい会社のみご紹介中のサイトはここですよ:サラ金で借りたい!今、通るのはこの業者だ!※ランキング一覧)このようなときに、借金の踏み倒しができるのかどうかと考える人もいるのではないでしょうか。できるのかどうかと問われると、法律上は可能です。

これについては民法に定められていて、大まかにいえば5年間逃げ切ればよいということです。5年という期間ですからかなり長いといわざるを得ないのですが、できないことはありません。ただ、どんな場合にでもできるのではなくて、色々と制約があります。5年間逃げ切ろうと思ったとしても、例えば裁判所で差し押さえの手続きをとられるとどうしようもありません。逃げ切ることはできなくなるのです。

個人から借り入れをするのなら時効が成立して踏み倒しをすることができる場合も多いですが、金融機関から借り入れをしているときには難しいと考えておきましょう。なぜかというと、金融機関はプロだからです。できないことはありませんが、時効が成立しないような手段を講じてくることも多いのです。

なお、時効が成立するためには、ただ5年間待てばよいというのではなくて、裁判所で手続きを行う事は必要となってきます。ですから、ただ逃げ切ればよいというものでもなくて、法的な手続きを行わなければなりません。専門知識がなければ弁護士などの専門家に依頼することが必要でしょう。ですから、踏み倒すのは簡単ではないのです。

借金の踏み倒しができたとしても、それによって色々なデメリットも生じることを知っておく必要はあります。返済をしなかった場合には信用情報としてそのことが登録されます。ですから、他の金融機関から借金を使用と思ったとしても、審査に落とされて借りることができなくなるのです。いわゆるブラックリストに載るという状態になりますから、今後の人生を考えたときには何とかして返済するべきでしょう。

閉じる